読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガンマGTP対策は

ガンマGTP対策はどうですか?

 健康診断ではガンマGTPの基準値は50以下が理想のようです。ガンマGTPは腎臓、脾臓、肝臓、小腸などに存在する酵素で、肝臓に疾病がある場合などに血液中のガンマGTP値が上昇する。習慣飲酒、胆汁うっ滞などの指標として利用されています。

 サプリメント辞典では肝臓の保護に、アミノ酸・ウコン・オルニチン・肝油エキス・セサミン・田七人参・プロポリス・マリアアザミ・卵黄コリン・レシチンが上げられています。肝パワーEプラスではアミノ酸を豊富に含む広島産の大粒牡蠣を効率良く摂取するために凝縮されています。これが肝臓を保護する役割をしていると考えられています。

肝パワーEプラスの口コミ徹底調査!ガンマGTP対策情報