読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やわたのめばえ激安情報

 毎日、スマホ・パソコン・テレビと画面を覗かない日なんてありませんよね。仕事でパソコンやスマホを使いますし、家に帰ればテレビは見ますし現代人は目を酷使していると言えます。仕事で使うパソコンですが、1日の平均使用時間を200人の方からアンケートを取った結果これがなんと5時間以上という結果となりました。

 そうですよね。パソコンを使わない仕事なんて今や見つける方が困難かもしれません。疲れ目・かすみ目なんていうのは昔は本の読みすぎだとなんて言われていましたが、今はそんな時代ではありませんよね。

 今、激安価格で販売されているルテイン配合のやわたのめばえはこんな現代人の酷使した目に本当に優しいのか?それとももっと良いサプリメントがあるのか?ジャッジしていきますね。

 やわたさんの目のサプリメントと言えばビルベリーが有名ですが、ここにきて新商品のルテイン配合のめばえを販売を促進してきたのは今までのビルベリーだけで解決できない課題をクリアしてきたのだろうと期待しています。実際ビルベリーを飲んでいますが、ほんと目の疲れっていうんですか・・・なんと言って表現したら良いのかな?目がスッキリするんですよ。

 私は建設業で毎日CADで図面を書いたり、見積書を作成したりとほとんどの業務をパソコンを使って作業しています。目がドライアイの症状になったりかすみ目っていうんですか。目のコンディションが悪いと業務効率が落ちて残業が増えるんですよね。そして、また目を酷使して・・・こんな生活に歯止めをかけるべく北の国から届いたブルーベリーを愛用しています。

 しかし、今度のめばえについてはまだ飲んだことが無いので一緒にめばえについて自分に合っているのか?それとも北の国から届いたブルーベリーの方が良いのか?しっかりと調査してから判断しようと思っています。

 そもそもルテインってなんですの?

 サプリメント辞典では、ルテインはカロテノイド系のファイトケミカルで、目の網膜を保護し、老化に伴う目の病気を防ぐ成分で、網膜の病気である黄斑変性症を防ぎ、白内障にも効果がありそうです。

 黄斑変性症は、物を見る機能で重要な役割を果たしている黄斑が老化と共に機能が衰えてくる病気でものが歪んでみえたり、さらに障害が進むと、視力の低下や失明の原因ともなる病気です。65歳以上の高齢者の失明視覚障害の主な原因の一つとして挙げられています。

 ルテインは、ホウレンソウやコーン、カボチャ、卵黄などに含まれる黄色の色素で、体内では主に網膜に存在しルテインは青色光線を吸収し、活性酸素の害を抑制する作用を持つそうです。

 いやールテインってなんか凄いですね。

 視力は良いのになんとなく物がぼやけて見える。色の濃淡を認識する力が弱まる視力のぼやけの原因として空気中に拡散するブルーライトは目の黄斑部にあるルテインブルーライトを吸収しぼやけを改善するとも言われています。

 しかし、ルテインって1日どのくらい摂取したら良いのか?

 普通にホウレンソウやコーン、カボチャや卵黄に含まれているということは普段の食事からも摂取出来る訳じゃないですか。ということは別にやわたのめばえに頼らなくても良いのではないだろうか?ということで、調べてみると1日6~12mg程度を摂取するのが好ましく、すでに黄斑変性症が疑われているケースでは20mgなど多めに摂取することが望ましいという。

 ルテインは脂溶性成分であるため、食事と一緒に摂る方が吸収効率の点で効果的で、通常の食材に由来する成分であり、特に問題となる健康被害や副作用は報告されていない。また、過剰症なども知られていない。しかし、脂質異常症の薬や抗肥満薬の中には、ルテインの吸収効率を低下させるものがあり、サプリメントは医薬品と一緒に摂るのではなく、30分から1時間ほどあけて摂取するとよい。ルテイン自体は医薬品の吸収や効能を阻害することはない。

 ルテインの成分が医薬品と同時に服用することの副作用が無いのは嬉しいですね。

 やわたのめばえ北の国からの届いたブルーベリーの違いって何?

 北の国から届いたブルーベリー愛用者としてはここ気になるんですよね。調べてみるとブルーベリーはアントシアニンが非常に多く含まれています。古くから目の働きを高める効果や眼精疲労を予防する効果があることで知られていて、健康効果では、視覚機能を改善・眼病予防効果・メタボリックシンドローム予防効果・花粉症予防効果があり、私のように目がスッキリするというのは目の疲労効果にも期待できます。しかし、アントシアニンは体内に吸収されると、24時間以内に尿と一緒に体の外へと排出されるので、毎日続けて摂ることも重要です。

 北の国から届いたブルーベリーを飲むと目の充血が少なくなったり目の疲れが取れたりします。あれ・・・最近目が疲れたななんて思うと、数日間飲み忘れたりすることもあるのでやっぱり毎日摂取することが大事なんですね。

 やわたのめばえは主にルテインに着目している商品です。というのも北の国から届いたブルーベリーにもルテインは含有されているのですが、その成分量が全く違いました。北の国から届いたブルーベリーは1粒あたりルテインは0.53mgに対してやわたのめばえではルテイン20mgですのでルテインの含有量が全く違いました。

 ということは有効成分に違いがあるということなんですね。

 ルテインVSアントシアニン

 どちらも目に優しいサプリメントということは理解しましたが、ルテインアントシアニンの機能の違いについてサプリメント辞典で調べてみるとルテインは、網膜の中心に存在し、眼に有害な青色光や紫外線などを吸収する働きがあります。アントシアニンが、機能の円滑化を促し、ルテインブルーライトや有害光線からガードする成分です。ということで、目の外側をガード保護する成分はアントシアニンで入ってきた光線から目をガードする成分がルテインということがわかりました。甲乙付け難いですね!どっちも大事なというのが結論です。

 今回やわたのめばえについて調べていくうちにやわたさんの意図している部分が見えました!というのは、ルテインは年齢と共に体内から減少していく成分だからです。ブルーベリー系のサプリメントの口コミを見ていると年齢の高い方で全く効果が無かったという方も多くいらっしゃいました。しかし、ルテイン系のサプリメントを飲んでいた方で効果が無かったという口コミは非常に少ないです。そこにも着目すると効果が無かったとコメントされていた方が飲んでいるルテイン系のサプリメントルテイン含有量を見てみるとルテインの含有量が少なかったことがわかりました。あえて商品名は言いませんが、効果を期待するのであればルテインの含有量が重要だという事実です。

 やわたのめばえはルテインの含有量が違います!気になる方は公式サイトをチェックしてみて下さい!

やわたのめばえ激安情報チェック